2017年上半期新車まとめ

2017年上半期 気になる新車プチまとめ

正直カッコいいバイクは大型クラスにしかない…という図式がちょっと変わってきましたよ!
普通自動二輪で乗れる中型勢が本気になってきた2017年、中型はもちろん大型やスクーターも含め気になる新車をちょこっとまとめてみました。

HONDA 新型CBR250RR

CBR250RRは250ccクラスのスーパースポーツモデルとして、CBR“RR”シリーズの思想「トータルコントロール~操る楽しみの最大化」を共通の背景としながら、「直感、体感、新世代“RR”」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計しました。

ズバリ今年の目玉はこれでしょう!中型スポーツ再燃の火付け役。
めいっぱい攻めたデザイン、250ながら装備・作り込みがハンパない!(でも高い!)

エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒 249cc
出力:38ps
サイズ(全長 x 全幅 x 全高):2,065mm x 725mm x 1,095mm
重量:165kg
燃費(定地燃費):40.1km/L
価格(税込):756,000円~

≫ CBR250RR カスタムパーツ一覧
 

SUZUKI GSX250R

「アーバンアスリート」をコンセプトに、都会や郊外を颯爽と駆け抜ける姿をイメージしたスタイリングは、テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合するスポーティーなデザインとし、セパレートタイプのハンドルバー、前後分離式シートなどを採用しながら、快適なライディングポジションを実現。

24psの並列2気筒エンジンは、ライバルに比べ「ん?」と思いがちですが、ぶ厚い中低速トルクによる瞬発力でストリートにおいて威力を発揮。個人的には好きなテイストです。普段乗りには絶対扱いやすいと思いますよ!

エンジン:水冷4ストロークSOHC2バルブ2気筒 248cc
出力:24ps
サイズ・重量(全長 x 全幅 x 全高):2,085mm x 740mm x 1,110mm
重量:178kg
燃費(低地燃費):41.0km/L
価格(税込):527,040円

≫ GSX250R カスタムパーツ一覧
 

HONDA 新型レブル250(Rebel250) / 新型レブル500(Rebel500)

デザインコンセプトを「SIMPLE」「RAW(未加工の素材)」とし、特徴的な形状のフューエルタンクやくびれのあるナロースタイルのフレームボディー、ワイド&ファットサイズの前後タイヤ、ブラックに仕上げたエンジンや各部パーツの採用により、タフでクールな新型クルーザーモデル。

500と同じスタイリングで250を発売してくれたのは拍手!
これはカスタマイズが最高に楽しそうな一台ですね!当ブログでもアクセス数増加中。

250《500》
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒 249cc《水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒 471cc》
出力:26ps《46ps》
サイズ・重量(全長 x 全幅 x 全高):2,190mm x 820mm x 1,090mm
重量:168kg《190kg》
燃費(低地燃費):46.5km/L《40.2km/L》
価格(税込):537,840円《785,160円》

≫ レブル250(Rebel250) カスタムパーツ一覧
≫ レブル500(Rebel500) カスタムパーツ一覧
 

HONDA 新型CBR650F / 新型CB650F

低回転域から高回転域まで力強い出力特性の直列4気筒エンジンと扱いやすい車体サイズで好評を得ているロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」を、より先鋭的でスポーティーなスタイリングに刷新。

「直4」。人によっては譲れないバイクエンジンの醍醐味。
その鼓動と走りを存分に楽しめるHONDA CB/CBR 650がイマドキ”RR”ルックスで登場。文句なくカッコイイ!

CBR650F《CB650F》
エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒 648cc
出力:90ps
サイズ・重量(全長 x 全幅 x 全高):2,110mm x 755mm x 1,145mm《2,110 x 780 x 1,075》
重量:213kg《208kg》
燃費(低地燃費):31.5km/L
価格(税込):999,000円〜《923,400円》

≫ CBR650F カスタムパーツ一覧
≫ CB650F カスタムパーツ一覧
 

SUZUKI V-Strom 250

「街中を走るときの弾む心」「ワインディングでの胸の高鳴り」 「アドベンチャーツアラーとしての充足感」
スズキ独自のフォルムを継承した、スポーツアドベンチャーツアラー、V-Strom250。

中型アドベンチャータイプというのも今年のトレンドとなりそう。その中でも期待度ナンバーワンです!SUZUKIらしい個性的なデザインもポイント高い!G-SHOCKみたいな顔が好き。

エンジン:水冷4ストロークSOHC2バルブ2気筒 248cc
出力:24ps
サイズ・重量(全長 x 全幅 x 全高):2,150mm x 880mm x 1,295mm
重量:188kg
燃費(低地燃費):39.0km/L
価格(税込):570,240円

≫ V-Strom カスタムパーツ一覧
 

HONDA CRF250 RALLY

CRF450 RALLYを彷彿させる、大型でウインドプロテクション性能に優れ、快適な高速巡航を可能とするスクリーンをはじめ、ラリーマシンと同様のフレームマウント、未舗装路での走行を考慮したロングストロークの前・後サスペンションを採用することで、250ccクラスの枠を超えた存在感を演出。

左右非対称の二眼LEDヘッドライトも特徴的な、期待の250アドベンチャー!今後期待の中型アドベンチャーの牽引役となるか!?

エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒 249cc
出力:24ps
サイズ・重量(全長 x 全幅 x 全高):2,210mm x 900mm x 1,425mm
重量:155kg
燃費(低地燃費):44.3km/L
価格(税込):648,000円

≫ CRF250 RALLY カスタムパーツ一覧
 

HONDA X-ADV

アドベンチャースピリットあふれるスタイリングと都市での快適な走行と利便性を融合させた、新ジャンルのモーターサイクル「X-ADV」
定評のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を組み合わせ、アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で融合。

DCTってアレですか?欧州車とかにあるアレですか?すごいなぁ、今時はそんなミッションがバイクに付いているんですねぇ。機構も値段も桁外れ。
このバイクも当ブログでアクセス数の多い人気モデルです。

エンジン:水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒 745cc
出力:54ps
サイズ・重量(全長 x 全幅 x 全高):2,230mm x 910mm x 1,345mm
重量:238kg
燃費(低地燃費):40.0km/L
価格(税込):1,209,600円〜

≫ X-ADV カスタムパーツ一覧
 

HONDA 新型CBR1000RR / 新型CBR1000RR SP

高性能な水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1000ccエンジンを搭載し、徹底した軽量・コンパクト化や新たな電子制御技術を採用するなど、総合性能を高めた大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」をフルモデルチェンジ。
CBR1000RR SPには、走行状況に応じて減衰力を制御し最適な特性を提供するÖHLINS(オーリンズ)製電子制御サスペンションのほか、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装備。

ホンダスーパースポーツの最高峰モデル。全ての妥協を排除した、機能・装備・デザイン、どれをとってもロマンチック。そして税込み価格は200万越えという、甘っちょろい考えの人は寄せ付けないモンスターマシン。

《SP》
エンジン:水冷4ストローク DOHC4バルブ直列4気筒 999cc
出力:192ps
サイズ(全長 x 全幅 x 全高):2,065mm x 720mm x 1,125mm
重量:196kg《195kg》
燃費(低地燃費):25.0km/L
価格(税込): 2,014,200円〜《2,462,400円》

≫ CBR1000RR カスタムパーツ一覧
 

YAMAHA SCR950

「SCR950 ABS」は、”Tough Explorer”をコンセプトに、鼓動感のあるVツインエンジンの搭載、自由度の高いライディングポジションの採用、1960年代のオンロード・オフロードを走行する”スクランブラー”を思わせるスタイリングを再現したモデルとして開発しました。

人気のBOLTをベースにしたモダンスクランブラー。節々BOLTっぽいところもありますが、単なる”派生モデル”ではない見事な仕上がり!是非ともRebelよろしく中型も〜!

エンジン:水冷4ストローク SOHC4バルブV型2気筒 941cc
出力:54ps
サイズ(全長 x 全幅 x 全高):2,255mm x 895mm x 1,170mm
重量:252kg
燃費(低地燃費):31.0km/L
価格(税込): 1,060,560円〜

≫ SCR950 カスタムパーツ一覧
 

YAMAHA NMAX155

所有感を感じるスタイリングや、手軽な車体サイズながらリラックスしたライディングポジションが可能という「NMAX125」の良さはそのままに、高速道路も走行可能な155ccエンジンを搭載しゆとりある走行性能を実現。

原二スクーター人気No1のNMAXに、いざとなったら高速にも乗れる155ccモデルが登場!

エンジン:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒 155cc
出力:15ps
サイズ・重量(全長 x 全幅 x 全高):1,955mm x 740mm x 1,115mm
重量:128kg
燃費(低地燃費):49.9km/L
価格(税込):378,000円

≫ NMAX155 カスタムパーツ一覧
 

YAMAHA TRICITY155

軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立による新しい楽しさ、斬新なスタイルが人気のマルチホイールコミューター。

多方面での活用が期待されるLMWテクノロジーの先駆け、先進の3輪スクーターTRICITY。でも、もうちょっと速いのが欲しかったでしょ?みんなそう思ってましたよ!

エンジン:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒 155cc
出力:15ps
サイズ・重量(全長 x 全幅 x 全高):1,980mm x 750mm x 1,210mm
重量:165kg
燃費(低地燃費):43.4km/L
価格(税込):453,600円

≫ TRICITY 155 カスタムパーツ一覧
 
※同型式のバイクであっても年式違いのパーツが含まれている場合があります。ご購入の際は必ず適合年式をご確認下さい。

 

ありそうでなかった?『保冷シートバッグ』がHenlyBeginsから

キャンプツーリングに!バーベキューの食材も運びに!

これは季節問わずあったら便利なシートバッグ!
今まで諦めていた要冷蔵お土産もお持ち帰りが可能で、キャンプツーリングの飲み物や食材入れにも最適です!

▼商品詳細・ご購入はこちらから!

保冷シートバッグ DH-714 ブラック HenlyBegins(ヘンリービギンズ)

 

新型CBR250RR(2017)用 ラジエターコアプロテクター YOSHIMURA(ヨシムラ)から

新型CBR250RR用ラジエターコアプロテクター YOSHIMURA(ヨシムラ)から

こういう所のカスタム、派手さには欠けますが、だからこそCOOLだと思いませんか?ヨシムラマフラーに替えるついでにこんな所もそれとなくカスタムされてると『ほほぅ』と唸ってしまいますね。

▼商品詳細・ご購入はこちらから!

ラジエターコアプロテクター YOSHIMURA(ヨシムラ) CBR250RR(17年)2BK-MC51
 

新型CBR250RR(2017) R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC スリップオンマフラー YOSHIMURA(ヨシムラ)から!

 ヨシムラファン待望!新型CBR250RR用 政府認証 R-77S スリップオンマフラー新発売!

CBR250RRに装着されたR-77Sサイレンサーは、テールカウルのラインに合わせたレイアウトにより、スポーツスタイルを引き立てます。
さらに、サイレンサーエンドを軽量で高強度なドライカーボン製にすることにより、高い質感を併せ持ちます。
カバータイプは『メタルマジック』『ステンレス』『チタン』『チタンブルー』の4タイプから選べます。

政府認証マフラー JMCA認定
近接排気騒音:93dB/6,250rpm
加速走行騒音:80dB

【メタルマジックカバー/カーボンエンドタイプ】

【ステンレスカバー/カーボンエンドタイプ】

【チタンカバー/カーボンエンドタイプ】

【チタンブルーカバー/カーボンエンドタイプ】

▼商品詳細・ご購入はこちらから!

スリップオンマフラー R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC 政府認証 YOSHIMURA(ヨシムラ) CBR250RR(17年)2BK-MC51

新型CBR250RR(2017) R-11 サイクロン 1エンド EXPORT SPEC スリップオンマフラー YOSHIMURA(ヨシムラ)から!

ヨシムラファン待望!新型CBR250RR用 政府認証 R-11 スリップオンマフラー新発売!

CBR250RRに装着されたR-11サイレンサーは、テールカウルのラインに合わせつつマシン重心に集中させたレイアウトにより、スポーツスタイルを引き立てます。
さらに、サイレンサーエンドを軽量で高強度なドライカーボン製にすることにより、高い質感も併せ持ちます。
カバータイプは『メタルマジック』『ステンレス』『チタン』『チタンブルー』の4タイプから選べます。

政府認証マフラー JMCA認定
排出ガス規制適合品 騒音規制適合品
近接排気騒音:94dB/6,250rpm
加速走行騒音:79dB

【メタルマジックカバー】

【ステンレスカバー】

【チタンカバー】

【チタンブルーカバー】

▼商品詳細・ご購入はこちらから!

スリップオンマフラー R-11 サイクロン 1エンド EXPORT SPEC 政府認証 YOSHIMURA(ヨシムラ) CBR250RR(17年)2BK-MC51

 

新型CBR250RR(2017)用 スリップオンマフラー 政府認証 モリワキ(MORIWAKI)から!

新型CBR250RR用 スリップオンマフラー「MX Slip-on」モリワキ(MORIWAKI)

新型CBR250RR用 スリップオンマフラー「MX Slip-on」モリワキ(MORIWAKI)から登場!

どんどん出ます!サウンドのモリワキからも新型CBR250RR(MC51)用スリップオンマフラー「MX Slip-on」が登場です!
ドレッシーながらも力強さを感じるデザイン。3つのカラーから選べますよ!

【MX ANO(アノ)】

【MX WT(ホワイト)】

【MX BP(ブラックパール)】

▼商品詳細・ご購入はこちらから!

MXスリップオンマフラー 政府認証 MORIWAKI(モリワキ) CBR250RR(17年)2BK-MC51

 

新型CBR250RR(2017)用 ヘプタゴン スリップオンマフラー 政府認証 TSR(テクニカルスポーツ)から!

新型CBR250RR(2017)用 ヘプタゴン スリップオンマフラー 政府認証 TSR(テクニカルスポーツ)

新型CBR250RR用 ヘプタゴン スリップオンマフラー 政府認証 TSR(テクニカルスポーツ) からも続々ラインナップ!

おお、超レーシー!TSR(テクニカルスポーツ)からスリップオンマフラー3タイプが登場!
『機能美』って感じでカッコイイ!

近接排気騒音量:94dB以下
加速騒音量:80dB以下
平成28年騒音規制適合

【ファイヤーポリッシュ】

【チタンブルー】

【チタン】

▼商品詳細・ご購入はこちらから!

ヘプタゴン スリップオンマフラー  政府認証 TSR(テクニカルスポーツ) CBR250RR(17年)2BK-MC51

 

新型CBR250RR(2017)用フルエキ登場!BMS-R(ビームス)CORSA-EVO2 政府認証

新型CBR250RR(2017)用フルエキ BMS-R(ビームス)CORSA-EVO2 政府認証

BMS-Rから待望の新型CBR250RR用フルエキ登場!!

重量: 4.1kg(純正8.45kg)音量: 92.0db(純正87.0db)、もちろんJMCA/政府認証品!4kg以上の軽量化は大きいですが、なんと言ってもこの格好良さ、満足度も最大!

▼商品詳細・ご購入はこちらから!

CORSA-EVO2 フルエキゾーストマフラー 政府認証 BMS-R(ビームス) CBR250RR(17年)

 

新型CBR250RR(2017)用フェンダーレスキットがキジマからもリリース!

新型CBR250RR(17年)フェンダーレスキット ブラック KIJIMA(キジマ)
新型CBR250RRフェンダーレスキットがキジマ(Kijima)からもリリース!
ちょっと変わったマッドガード付き!

現在なかなか手に入りにくい状態が続いている新型CBR250RR用各社フェンダーレスキットですが、キジマから少し異風なフェンダーレスキットが登場しましたよ。
付属のスリムなマッドガードを装着することで、スッキリしたリアビューを極力維持したまま、フェンダーレスの定め「泥はね」のリスクを軽減できるというもの。

新型CBR250RRフェンダーレスキット キジマ(Kijima)

 

リフレクター・LEDナンバー灯付き。平成33年4月1日ナンバープレート新基準対応品。
純正風ルックスもGOOD!

 

▼商品詳細・ご購入はこちらから!

フェンダーレスキット ブラック KIJIMA(キジマ) CBR250RR(17年)

 

新型レブル (REBEL) 250/500 2017年 デイトナ ブレーキパッド対応一覧

HONDA レブル (REBEL) 250/500用 デイトナ(DAYTONA)ブレーキパッド装着確認済み一覧

「ブレーキの効きが悪い、フィーリングが好みではない…」そんな時はまずブレーキパッドを交換してみましょう。かなりの違いを感じられるはずです。

【ゴールデンパッド】

ブレーキ初期は滑らかな立ち上がりだが、レバーを握るほど奥ではグイグイ効く強力なブレーキ性能。コントロール性能で選ぶなら『ゴールデンパッド』。

ゴールデンパッド ブレーキパッド フロント用

ゴールデンパッド ブレーキパッド リア用

【赤パッド】

1984年から続くベストセラーアイテム。“効きかた”にこだわり、その時代、時代に合わせて進化し続ける『赤パッド』をお試しください。

赤パッド ブレーキパッド フロント用

赤パッド ブレーキパッド リア用

【ハイパーシンタードパッド】

『ハイパーシンタードパッド』は一般走行での耐久性を重視するニーズにぴったり。ハードな走りでの性能より、一般走行での耐久性や快適性を重視。ロングライフなパッド。

ハイパーシンタードパッド ブレーキパッド フロント用

ハイパーシンタードパッド ブレーキパッド リア用

【ハイパーパッド】

『ハイパーパッド』は街乗りや近郊をメインに走る、小・中排気量のライダーにオススメ。全天候型で安定した性能を発揮するコストパフォーマンスに優れたセミメタルパッドです。

ハイパーパッド ブレーキパッド フロント用

ハイパーパッド ブレーキパッド リア用

 ≫ その他レブル (REBEL) 250 パーツを探す
 ≫ その他レブル (REBEL) 500 パーツを探す

 

1 2 3 211