ノリック メモリアルミーティング 12月9日開催

ノリックを偲ぶ集まりが12月9日、
東京のお台場で開催されるそうです。
http://www.yamaha-motor.co.jp/profile/sports/race/release/2007/11-05/0002.html
(ヤマハウェブサイトより)

阿部典史選手が亡くなって今日で1か月が経ちました。
どのバイク雑誌を見ても、ノリック特集が組まれていることを
考えても、その影響力の大きさ、フレンドリーさがわかります。

バイクをより一般の人に近づける、一部の人が楽しむだけではなく、
沢山の人がバイクの良さを知り、実際にハンドルを握る、
そのための努力は、バイクを作るメーカー、売る販売店、
レースに関わる関係者、ライダー、メカニックなど
様々な人が伝えていかなくてはなりません。

これを精一杯活動していたのが、他ならぬ阿部典史選手でした。

お父さんと組んで、ジュニアレースに参戦する選手を養成すべく、
費用がほとんど掛からない(ほぼ実費)教室を開いたり、
沢山のライダーミーティングに協賛したり、参加したり、
そして、レース界の安全性を叫び、観客動員数に貢献したり、
本当にたくさんの功績を短い人生の中で残されています。

この恩恵は、バイクに関わっている沢山の人が、蒙っています。
だからこそ、その受けた恩恵をさらに多くの人に
受け渡していく義務があるのではないでしょうか。

そんなことをふと考えておりました。

阿部典史選手公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です