バイクもスピード違反では検挙されます。

バイクは、前にナンバープレートがないから、
オービスでも大丈夫。パトカーなら何とか巻けるはず・・・。
そんな認識をもったライダーさんはいらっしゃらないでしょうか?

ちょっと認識を改めていただきたいと思いまして、
ニュースをご紹介します。
以下は、南日本新聞(鹿児島)2007年12月7日の記事です。
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=8051
(以下抜粋です。)
鹿児島県警は7日までに鹿児島市の国道10号線で、
制限速度を40キロ以上超えるスピード違反を27回バイクで繰り返した
として、道交法違反の疑いで、女性大学院生(25)を検挙した。
大学院生は、オービスなので大丈夫だと思っていたと供述している。

今年11月に入って、このオービスが認知した3分の1が、
バイクの違反だということで、鹿児島県警としても、
悪質な違反車両については徹底的な捜査を行うとのことです。
(抜粋終わり)

警察は、広範囲なネットワークを持って、情報を解析しています。
一ヶ所のオービスで違反をして、別の場所で転々と違反をしたとしても、
「マーク」される場合もありますし、そういった油断は非常に危険です。

そもそも、バイクで高速で事故に巻き込まれた場合の、
衝撃のすさまじさを考えてみると、非常に恐ろしいものがあります。
確かに、スピードを感じたい気持ちもわからなくもありませんが、
安全に走行しているライダーのためにも、
くれぐれも法定速度を守って快適なライディングをお願いします。

是非とも、速さを追求されたい方は、一度サーキットデビューを
体験されてみてはどうでしょうか?
最近では、様々な車種・排気量毎にサンデーレースのような
気軽に参加できるレースも多々実施されております。

日本モーターサイクルスポーツ協会でも情報発信されています。
是非ともチェックしてみてください。
http://www.mfj.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です