SR400新色「ブルーメタリックC」登場!

本日1月9日ヤマハ発動機より、SR400の
新色「ブルーメタリックC」が追加設定され、2月28日より
発売されるとのリリースが発表されております。

http://www.yamaha-motor.co.jp/news/2008/01/09/sr400.html

デビューから30周年を迎えるこのSR400ですが、
さまざまな細かい変更は積み重ねながらも、
基本的なデザインは変更されておらず、
1年1年マイナーチェンジ、数年でフルモデルチェンジを
繰り返しているネイキッド、スクーターなどの
追随を許さない独自の文化を築いていることは間違いありません。

2008年以降に登場する新型車の場合、
騒音規制上、ほとんどフューエルインジェクション車になっていますが、
モデルチェンジを行っていない、SR400の場合は、
当然ながら、キャブレターにての製造が続いています。

もちろん、速さを競うマシンでないことが前提にありますが、
長年変わらないスタイルで、販売実績をひたすら、
積み上げる姿勢は、私たちバイクパーツの販売に関わる人間の
憧れでもあります。
(モデルチェンジ続きに泣かされるのはもっぱらバイク屋さんです。。。)

やはり、その人気の大きなポイントは多様なカスタムパーツが
揃っていることも大きいのではないでしょうか。
是非、新しいデザインのSR400をあなた模様にカスタムしませんか?


SR400 カスタムパーツ商品一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です