社外製マフラーの選び方(パーツショップでおためしあれ)

不定期でお届けしていきます。
プロが教えるカスタムイロハ。。。

さて、今日はマフラーの選び方についてです。
今日の講師はこちらです。
http://ac-yoshino-smr.ftw.jp/カスタムピープル誌にいつも登場していらっしゃる
モリワキエンジニアリングプロショップ 吉野オーナーにお伺いしました。

本当は、お薦めマフラーメーカーなどもお伺いしましたが、
販売の都合上、こちらでは公開しません・・・。
どうしても知りたい方は、お問い合わせください。

1.マフラーのポイントはまずサイレンサー内部を覗き込む。

2.つなぎ目の段差に注目→フラットならば最高!

3.見本でインナー(排気が逃げる穴がたくさん空いている筒)を
  展示していれば、たくさん穴が空いている表面を触ってみて、
  内側がツルツル、外側がザラザラしているのが〇

  (穴開け加工の際、外側から穴をあけていると外側が
   ツルツルしている、これは排気の流れを妨げるので。)

なるほど。ちょっとのポイントですが、これを知っているか、
知らないかで、長く使えるマフラーに出会えるかどうかが決まります。

作りが雑なマフラーは当然ながら、走りもよくなければ、
音もイマイチ、当然ながら燃費も悪くなります。
(排気効率が落ちますので、燃焼効率も当然落ちます。)

なるほど、プロの視点、勉強になりました。

まだまだ、ネタはたっぷりございますので、随時ご紹介していきます!
ご質問などもお気軽にコメント欄や、問い合わせフォームまでどうぞ。

車種やマフラーのメーカーは問いません。適合確認などもお気軽に[:晴れ:]

東京モーターサイクルショー2008 vol.3

3月28日29日30日に東京ビッグサイトで開催された
東京モーターサイクルショー2008の様子をお伝えしています。
今日で最終回とさせていただきます。

本日は、ホンダブースをご紹介したいと思います。
現在のHONDAのバイクの目玉はこれしかありません。


DN-01(大型二輪ATスポーツクルーザー)です。

ロックアップ機構付油圧機械式無段変速機が搭載されていて、
680CCのV型2気筒エンジン、前後ABS、これまでのスクーターにない
独創的なスタイル、690mmの低いシートなど、
これまでのジャンルでは片付けられない、大変個性的なバイクです。


運転席からの視点はこういった感じ。
スクーターとネイキッドのハイブリット的な要素が多々ありました。

ホンダブースでは、DN-01の試乗会予約のコーナーが設置されていましたが、
かなりの行列ができているほどの賑わいを見せていました。
やはり、一度またがってみると、どんな乗り心地なんだろうかと、
走行したくなる気持ちがわからないでもありませんでした。

マフラーの形状も独特なので、今後どういったカスタムパーツが
展開されていくのだろうかと、商売柄興味深々でした。

そして、4月11日に販売スタートするCB223Sも展示されていました。
以下は、カスタムモデルですが。(マフラー・キャリア等変更)


CB223S(FTR223をベースとした街乗りスタイルのロードスポーツ)

CB400SSとFTRをハイブリットしたモデルで、
とってもストリートで扱いやすいだろうなあという印象でした。

排ガス、騒音規制等により、ほとんどのラインナップが
インジェクション化され、モデルチェンジを遂げています。
未発表のモンキー/ゴリラ、ホーネット後継車など
まだまだホンダからは目が離せそうにありません。

次はスズキブースをご紹介します。
スズキのモーターサイクルショーの参考出品車は「ジェンマ」でした。

250CCのフラット2シーター「genma」

全長235cm,全幅76cm,高さ105cmというこれまでのビッグスクーターよりも
細身で低いサイズのスズキになかったタイプのATバイクです。

東京モーターショー2007で初めてお目見えしたモデルですが、
おそらく早い段階で市販されるのではないでしょうか。
ストリートでよく見かけることになるのでしょうか。楽しみです。

ジェンマのメーター周りです。

ジェンマ後ろからです。

ご紹介しきれないのが残念ですが、東京モーターサイクルショーの
ブースには、様々なメーカーさんの趣向が凝らしてあったり、
一般の方のカスタム車輛も多数出展されていたり、
本当に興味深いものでした。

昨年よりも来場者が増えたということです。是非とも、
来年はさらに盛り上がってほしいなあと感じました。

カテゴリー名称変更のお知らせ。

いつもお立ちよりいただきましてありがとうございます。
ご覧いただいているお客様に取りましては、
すでにお気づきかと思いますが、トップページの
車種一覧名称を変更しております。

お客様に取りまして、わかりやすいように、
名称を短縮いたしました。

今後とも、改善点等は随時対応させていただきたいと思います。
「零カスタム」サイトについてお気づきの点がございましたら、
遠慮なく以下のフォームにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

なお、ご連絡いただいた方には、もれなくバイク用ワックスを
差し上げております。よろしくお願いいたします。

東京モーターサイクルショー2008 vol.2

2008年3月30日まで3日間東京ビッグサイトで開催された
東京モーターサイクルショーのレポートをお伝えしております。
第二弾は、ヤマハブースよりご紹介していきます。

ヤマハブースの詳細は、本家ヤマハのサイトに
リポートされておりますので、そちらにお任せします。
ヤマハビッグスクーターブログ 東京モーターサイクルショーリポート
ヤマハオフロードワールド 東京モーターサイクルショーリポート

やはり展示会と言えばきれいな方を・・・と。

ヤマハブースの中心を陣取っていたのは、パフィーがキャンペーンを
行っているVinoやVOX、そしてJOGなどの原付スクーターでした。
お隣のワイズギアブースでは、マジェスティーやマグザムなどの
カスタム車輛が煌びやかな姿を見せていました。
特に、ロイヤルマグザムは典型的かもしれません。


シルエット自体は、ホンダのこちらに匹敵しそうな勢いです。

昨年の東京モーターショー2007に参加した私には、そこまで
インパクトのある展示がなかったので比較的早く素通りしてしまいました。

私が足を止めてしまったのは、向かいのRSタイチのブースでした。
現在では、MOTOGPにも一部取り入れられているエアバッグ装着ライディングスーツです。

警視庁や各道府県の警察では、二輪死亡事故を防ぐために、
プロテクター着用を呼びかける運動を行っています。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no23/koho23.htm
頭部や胸部がバイク事故での致命傷となりますが、
いずれもガードできれば、極端に一命を取り留める確率が高まるそうです。

レースのシーンを中心にして、エアバックをはじめとする、
安全運転のための装備が今後さらにライダーにとって必需品となるかもしれません。
自分自身の身を守り、快適なライディングを楽しむためにも、
はじめは面倒であっても習慣づけるべきポイントかもしれません。

さて、ヤマハブースの隣は、カワサキブースです。
カワサキで現在注目を集めているのが、NINJA250Rなどの
250ccクラスの車輛だと思います。
D-TRACKERXKLX250がデモンストレーションをされておりました。

そして、お隣がトライアンフブースです。

ボンネビルT100
など、街乗りタイプ、クルーザー、スポーツタイプ、
いずれも多くの観客の注目を集めていました。

やはり、少し大人のイメージが、日本車でもハーレーでもなく、
新しい感覚を与えているのでしょうか。
なかなか幅広い年齢層に興味関心を持たれていたように感じます。

そして、ベスパ、ジレラ、ピアジオ、キムコ、SYMなど
様々な国のスクーターが並べられておりました。

向かいには、ヘルメットやマフラーカスタムパーツなどの
メーカーブースが多数軒を並べていました。


ヨシムラジャパン


スペシャルパーツタケガワ

など数えたらキリがないカスタム車輛が勢ぞろいしていました。

とてもご紹介しきれそうにないので、
明日は、ホンダブースを中心にまたお伝えしていきます。

当店のお客様車輛のご紹介


ゼファー400 タンク特別仕様。
「荒くれKNIGHT」イメージモデルです。

零カスタムでは、お客様のご要望に応じて、
塗装の手配を行っておりますが、具体的な色見本や、
イメージをご提供いただいたお客様のみの対応とさせていただきます。
トラブル防止のため、その旨ご了承願います。



[PR] 還暦祝い

オリジナルバッテリーの信頼性について(ご説明)

他のお店に比べて安いけど品質的に問題はないのですか?
こういったご質問をお受けすることがございますので、
この場を借りてご説明差し上げます。


オリジナルバイク用バッテリー商品一覧

当店のバッテリーは中国製でございます。
また、輸入方法については、メーカーから直接コンテナ単位で、
中間流通業者を通さない形態で仕入れを行っております。
(商社などのマージンが価格に含まれておりません。)

中国製は安全なの?というご指摘はごもっともです。

当店でも輸入を開始した時点では、多数の不良品がございました。
このため、一点ずつ現品を添付し、メーカーにクレームを上げ、
少しずつ商品の改善を行ってまいりました。

すでに輸入を始めて3年程経過しておりますので、その改善点も
増えまして、全体に占める欠陥商品の割合は極めて低くなっております。

当店では、メンテナンスフリーバッテリーにつきましては、
電圧を確認の上、12Vに満たない商品には、補充電を行い、
改めて電圧をチェックした上で、梱包を行っております。

この過程で、明らかに不良品が入っていた場合には、
商品を交換して、問題がない商品を発送しております。
(電解液注入式のバッテリーも商品確認を実施しています。)

また、補償ですが、当店ではお客様の環境をテストする体制を
持っておりませんので、長期の保証は対応しておりません。
しかしながら、バッテリーの不良が明らかな場合には、
出来る限り、交換などの対応を行っております。
また、初期不良の場合には、迅速に商品交換させていただきます。
補償免除分、コストを抑えて提供させていただいております。

また、バッテリーを購入いただいたお客様から頂戴する
貴重な意見も随時、バッテリー製作及び配送などにフィードバックし、
お客様に満足いただける体制作りに努めております。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
また、車種適合など不明な場合にもお気軽にどうぞ。

お問い合わせフォームはこちらです。

2008年度カタログ続々追加中。

キタコ、プロト、デイトナ、アクティブ、ワイズギアなど
当店に入荷したカタログの商品から随時新商品を追加しています。

大量に商品追加作業を行っておりますので、
追いついていない部分が多々あります。

この商品の取り扱いは?

という疑問がありましたら、お気軽にお寄せください。

問い合わせフォーム
電話:03-6383-3202
FAX: 03-3895-3357
メール

メルマガ登録で毎日一人バイクワックスプレゼント!

零カスタムのホームページ及び、
こちらのブログをご覧いただきありがとうございます。

零カスタムでは、お得な情報、新規取扱情報などを
お知らせするメールマガジンを発行しております。

メールマガジンを登録いただいた方、

毎日先着お一人様

バイクをお持ちの方、皆さんが重宝する
車体磨き用のワックスをプレゼントしております。
つまり、毎月合計30名様に当たります♪

メールマガジンの登録には、メールアドレスのみで可能です!
名前など個人情報は一切必要ありません!!!

以下の登録フォームにメールアドレスを記入後、
ボタンクリックでプレゼントチャンス!

メルマガ登録

ちなみに、プレゼント商品は・・・

水洗いなしで簡単に汚れを落し、強力な光沢被膜を形成するワックスです。
又、耐水性、耐久性に優れています。タンク/カウル/フェンダー/
メッキ部分や塗装面/ヘルメットのお手入れにも重宝します!



[PR] メール配信

バイク用バッテリー充電器、電圧チェッカー導入しました。

これまで一部のお客様に電圧低下でご迷惑をおかけしておりました。

オリジナルバッテリー発送時には、電圧を確認の上、
お客様にすぐ装着していただけるよう初期充電を行っております。

バッテリーをご注文いただく際に、
すぐにご使用にならない場合には、その旨ご連絡いただければ幸いです。

ブリジストンのバイク用タイヤ商品追加しました。

大変遅くなりましたが、バイク用タイヤの商品を追加しております。
まず、ブリヂストンを商品登録いたしました。


ブリジストンバイク用タイヤ商品一覧

今後、IRC、ミシュラン、ピレリ、メッツラーなど
二輪用のタイヤを供給しているメーカーのラインナップ拡充に
努めてまいります。

なお、車種別のタイヤも各車種カテゴリーに登録していますので、
愛車のタイヤがわからないときに活用いただければ幸いです。

1 202 203 204 205 206 212