バイク用ナビをiPhoneにするためのキットのご紹介!

ツーリング用品 商品一覧

バイク用のナビゲーションシステムは高いですよね。
ツーリング用途など使う時間が限られている方が大半だと思います。
こんな方で、iPhoneをお持ちの方は、iPhoneをナビとして使えないかと
考えていらっしる方も多いのではないでしょうか。
さて、その方法をご紹介。
まずは、iPhoneをバイクに取り付けましょう。
(以下は一般的な国産車の22.2インチハンドル車用に説明しております。)
取り付ける位置はバイクによって、お客様の使用用途によって様々だと思います。
ここでは、もっとも手っ取り早いハンドルにクランプさせる仕組みをご紹介。
これはハンドルにクランプさせるステーです。22.2インチハンドルにボルトで装着可能です。
上記のクランプステー用のiPhoneホルダーです。(3Gおよび3GS専用です。)
この2つのキットをご利用いただければハンドルのお好きな所に、
iPhoneを固定することが可能になります。
そのうえで、ナビゲーションを行ってくれるアプリケーションをダウンロードしましょう。
(ファイルが重たいので可能であれば、wifi環境でのダウンロードを推奨。)
ブログ等でライダーさんが推奨されているナビゲーションアプリをご紹介。
全力案内 (900円)
いつもNAVI (2800円)ゼンリン(オートリルート対応)
MapFan for iPhone (2300円)
カーナビっぽい (無料)GoogleMapを活用
NaviCat (115円)日本語の地図表記だが、操作パネルは英語
そのほか有料無料沢山あると思いますが、
使用用途とそれぞれのナビの特徴点を
いろいろなウェブサイトで検索してご利用ください。
さて、ナビも何度も使っていると当然ながら、iPhoneの充電が心配です。
そんな時には、バッテリーを大量に持って移動するのも大変です。
これは、バッテリーに直接するだけで、12VのDC電源とUSB電源が
取得可能なDCステーションです。ハンドルクランプも付属していて、
簡単にiPhoneへの充電が可能です。(USB最大出力5V 1A)
上記のセットをそろえていただければ、
とりあえず、ツーリングで道に迷うことは避けられます。
(もちろんソフトバンクのエリアはご確認ください。)
しめて、金額は14,994円です。(アプリ代別)
ナビの購入を迷っていた方もこれならば財布に優しいのでは・・・。
もちろん運転中の操作は道路交通法違反になります。
ハンズフリーが可能なキットは、電気店などで多数販売されていますので、
上手に組み合わせていただければ、
2万円以下で十分なツーリング環境が実現できます!
これからのツーリングシーズンにご検討いかがでしょうか?
上記商品の納期についてはお気軽にお問い合わせください。
なお、アプリおよび取付けの相談には応じかねますのでご了承ください。
————————————————————
●ご連絡先● 
電話:03-3895-3367 
FAX:03-3895-3357 
メールでのお問い合わせ
●営業時間● 
月から金曜日:9時から19時まで受付 
土曜日: 9時から18時まで受付 
日曜祝日: 休業
バイクパーツ通販「零カスタム」
————————————————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です